ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

プロフィール

クリエイター名 オオタニヨシミ
クリエイタージャンル イラストレーター兼デザイナー
所属 フリー
ウェブサイト www.funarium.com
バイオグラフィ ケータイコンテンツ・書籍・雑誌・CDジャケット・ボトルデザイン・店舗内装用壁画イラスト・和柄グラフィックデザイン・WEB・グッズなど幅広く活動。
2008年夏にNYで初の個展を開催、アーティスト活動も開始。

賞歴
DoCoMo N701i着せ替えパネルデザインコンテスト優秀賞・スタイルプラスコレクションシリーズリリース
東急ハンズ×Loftwork クリエーター年賀状2006 & 2007コンテスト 入選・製品化
2007 @CREATORZ「春一番☆イラストコンテスト」優秀賞
2008 SIGG Bottle Design Competition優秀賞・ボトルが製品化/全世界で発売
2009 SoftBank × CREATORS BANK fanfun.Design Contest 優秀賞
2009 Microsoft × CREATORS BANK Silverlight Animation Banner Contest / CB賞(優秀賞)

展示歴
2008年7月〜8月 初個展:【Illustration Exhibition @ NY 】
2008年9月 グループ展:【ARTs*LABo-和風幻想-】
2008年9月〜10月 日本初個展:【Illustration Exhibition @Tokyo MySpace.cafe Gallery tour!】
2009年3月・4月 公募企画展:【桜Exhibition】企画・運営・メインビジュアル担当
2009年5月〜6月 公募企画展:【桜Exhibition NY By Collaboration of ISHI】
2009年6月 グループ展:【metro art Vol.1】
2009年6月〜7月 公募企画展:【桜Exhibition NY Competition at AG Gallery】

イベント出演
2008年8月 MySpace.cafe official event: SPIRAL vol.2 / mini-Exhivition・Digital Live paint
2008年9月 MySpace.cafe official event: SPIRAL vol.3 / mini-Exhivition・Digital Live paint
自己紹介 ◎funarium : http://funarium.com/

◎funarium blog : http://ameblo.jp/funarium/

◎MySpace:http://www.myspace.com/funarium

-------------------------------------
1980年東京生まれ。
イラストレーター/デザイナー
ケータイコンテンツ・書籍・雑誌・ボトルデザイン・店舗内装用壁画イラスト・和柄グラフィックデザインなどを手がける。


2005年、フリーランスのイラストレーターとして活動を開始。
2008年、NYで初の個展を開催。
同時に、funariumという[fun(おもしろい)]+[arium(場所)]造語でドメインを取得し、展示などのアーティスト活動も開始。

絵として「面白み」があることを重視しながら、日本独特の感覚である「侘び・寂び・枯れ」「粋」を現代感覚で解釈したエッセンスを利かせた作品を描く。
アニメーション・漫画などのジャパニメーション的表現と、デザイン・アート的表現のちょうど真ん中の絵柄が特徴。

使用ソフト Adobe Illustrator CS3/Adobe Photoshop CS3
使用ハード iMac (2.4GHz Intel Core 2 Duo)

オオタニヨシミ

オオタニヨシミ

イラストレーター兼デザイナー

◎funarium : http://funarium.com/

◎funarium blog : http://ameblo.jp/funarium/

◎MySpace:http://www.myspace.com/funarium

-------------------------------------
1980年東京生まれ。
イラストレーター/デザイナー
ケータイコンテンツ・書籍・雑誌・ボトルデザイン・店舗内装用壁画イラスト・和柄グラフィックデザインなどを手がける。


2005年、フリーランスのイラストレーターとして活動を開始。
2008年、NYで初の個展を開催。
同時に、funariumという[fun(おもしろい)]+[arium(場所)]造語でドメインを取得し、展示などのアーティスト活動も開始。

絵として「面白み」があることを重視しながら、日本独特の感覚である「侘び・寂び・枯れ」「粋」を現代感覚で解釈したエッセンスを利かせた作品を描く。
アニメーション・漫画などのジャパニメーション的表現と、デザイン・アート的表現のちょうど真ん中の絵柄が特徴。

使用ソフト Adobe Illustrator CS3/Adobe Photoshop CS3
使用ハード iMac (2.4GHz Intel Core 2 Duo)